太陽光発電マニアックス DIYソーラーシステム

DIYベランダ自作発電から本格家庭用ソーラーシステムまで徹底的に紹介!

太陽光発電、売電価格が2倍にアップ!固定価格買取制度

      2010/07/13

当サイトで口うるさく切望していたフィードインタリフ制度(固定価格買取制度)がようやく日本でも実現しました。

家庭の太陽光電気、2倍で購入=電力会社に10年間義務付け

経済産業省が太陽光発電の新たな買取制度を発表し2009年11月より開始されました。
太陽光発電からの余剰電力を一定の価格で買い取る事を電気事業者に義務付けるというものです。

住宅用は48円/kWh、非住宅用24円/kWh

買取にかかる資金は国民の負担になり、一般家庭の電気料金に上乗せされ徴収されます。


但し10KWを超えてはダメ!
ドイツのフィートインタリフとの違いは、全量が2倍になるわけではなく。
自家消費部分を除いた売電の部分だけが2倍になります。

さっそく我が家でも。。。と思いましたが、屋上が家庭菜園で埋め尽くされていて設置できません 涙:
自作ソーラーを設置しているカサギの部分プラスαだけで建物を一周してどれくらい発電できるんだろう??

ソーラーパネル設置済
とにかく、各メーカーが競って高出力のパネルを開発していて日進月歩に倍・倍の性能になっていますので 設置した次の日に超省スペースのパネルが発明されてもおかしくありませんから。設置は焦ってません。

 - 太陽光発電ニュース