太陽光発電マニアックス DIYソーラーシステム

DIYベランダ自作発電から本格家庭用ソーラーシステムまで徹底的に紹介!

太陽光発電の超近未来予想

      2009/12/16

太陽と海ソーラーシステムの金額が施工費用込みで100万を切った段階から需要が急激に上がる!
or
国の補助金制度の復活や画期的な助成制度により大規模復旧する!

当然、太陽電池の発電効率も良くなり、太陽電池(ソーラーパネル)も小面積でも十分に家庭内の電力をカバーできるようになっていくでしょう

僕の予想でなくても当然のシナリオですよね・・
でも、肝心なのは この先です

すると、経済の基本ですが 当然、売電の供給過多に陥り電力会社の売電システムが終了する
もしくは売電価格が大幅に安くなり、レート制に切り替わって梅雨などの時期には高額レート換算などの対応に変る

どんどん【売電デフレ】が悪化してゆきますよね?

今現在、不思議と上述のような売電制度の継続自体を疑う声はありませんが 需要と供給・電力会社の経営などの事を考えれば 太陽光発電システムが廉価で高性能になり、一般家庭の標準装備にまで大規模普及時には、かなり自然な流れではないでしょうか?

市場拡大が顕著な欧州の【フィードインタリフ制】のように一定年の売電価格を法律で保障されない限りは 今のレートの売電制度を永続的な制度と考えて予算に組み込む事は危険だと思います

国の売電に関する助成なしでは未来は有り得ません!

デメリット【フィードインタリフ制】参照

とは言え、売電を抜きにしてもオール電化プラス太陽光発電のシステムが安くなれば電気料金のことだけを考えても導入して損は無い時代になると思われます

加えて二酸化炭素排出に加担していないというエコの面から見ても導入すべき時代ですね

ただ、需要が増えれば今以上のシリコン不足で値段が高騰しますし需給関係が難しいところです
もしくは色素増感型太陽電池の量産化ができれば、シリコンに依存しない状態ができるので最高ですね

ここ数年で太陽光発電のキット化が進み、半値以下まで値下がりした住宅用太陽光発電システムですが、この勢いで開発が進み手頃で高性能なシステムになるのも時間の問題でしょう。

*ただし、各パーツやユニットをキット化しただけで性能的にはあまり進歩していません
色素増感型やフィルム型太陽電池–アモルファスなどの効率的で安価なものの量産商品化はこれからです

総額100万を切って現在より回収費用、回収電力が上がれば、一番のネックである採算ライン(損益分岐点)も数年でpayできてしまうので、メーカー保障期間プラスちょっとでリスクも少ないと思われます

採算ラインの事を考えると、やはり、上述のように一番の問題は売電システムがどの程度の供給にまで対応できるのか?
という事に尽きるでしょう。
今導入して数年後に大規模普及により売電制度が終了したら・・・25年で採算が取れるハズが50年以上かかってしまう(装置の劣化で実質回収不可能)という家庭もでてきますよね

●バッテリー問題

現在、全ての分野においてバッテリーの開発だけは非常に遅れています

【系統連系型システムなので必要ない】と言ってしまえばそれまでですが、大量の発電が可能になれば悪天候の時や夜間なども自前でまかないたいと考えるのが自然でしょう。
独立型・系統連系型システム
実際、テレビ・カメラなどが付いた高性能携帯電話は、今の仕組みのリチウムイオン電池では容量・発熱問題など全く役不足で、騙し騙し仕方なく使っている状態です。

電気自動車の問題もバッテリー問題を克服できれば光速で普及タイプの電気自動車が生産開始されるといわれています

しかし、実際には家庭用太陽光発電システムの蓄電問題は、大量のバッテリーを並列につないで設置する危険性と大きなスペース・金額がそれに全く見合わないからです。
家庭の部屋・もしくは物置を一つ潰して「高電圧注意!!」の貼紙を貼って大量のバッテリーを置いて蓄電するなんてナンセンスな話ですよね

売電デフレが起きてもバッテリー(蓄電池)の開発が進んで、夜間は蓄電した電力でまかなえるようになれば、電力会社が発電をしないで電力ブローカーに変身してしまうほどに普及するんじゃないでしょうか?

もう一点、小さな小さな未来予想ですが一般家庭に通常装備されるって事は屋根にソーラーパネルが乗らない家は価値が下がる、日照権の問題でもビル建設などで日陰になった時の賠償問題などの訴訟も凄いんじゃないでしょうか?

「今後、四十年間、原告が太陽光発電システムから得られるであろう金額XXXX万円を建設会社は支払う事を命じる!」

なんだかまた複雑な世の中になりそうですね。

 - 家庭用太陽光発電システム